パチンコ店は利益の調整をするため、釘を動かしています。

基本的にヘソを動かす事が多いです。

スポンサードリンク

なぜかというと、ヘソは調整しやすいし、アピールもできる。

お店はヘソを開けてアピールしたい。そして打ってもらいたい。

下手に寄り釘を動かすと戻すのが大変ですし、ヘソが開いてないと打ってもらえない事があります。

これでは、せっかくのイベントでもガセだと判断されて、次回からのお客さんが減ってしまいます。

お店は出したい日は開けて、出したくない日は閉めます。

出したくない日とは基本的に土日祝日です。

パチンコ店も商売です。ほっといてもお客さんが来てくれるなら、開けなくてもいいですよね。

平日はお客さんが少ないので、開けないと来てくれません。

なので、月曜日や平日に開きやすいんです

という事は、土日と月曜日を比較すればわかりやすいという事です。

土曜日と日曜日に比べてもあまり意味がありません。

釘は動く日に見る必要があります。動かない日に見ても仕方ありません。

マンネリ釘のボッタクリ店では釘なんて見るまでもないです。
(店内に入らなくても分かる場合があるw)

[釘が動きやすい時]

•土日と月曜日の比較。

•連休前。金曜日と土曜日の比較。

•給料日前(開く)と給料日後(閉まる)の比較。

•イベント日の前後の比較

•グランドオープンやリニューアルオープンはかなり開く場合があります。

•時差開店。(営業時間を短くして出す。店員さんの休みでもありますがw)

基本的にお店は出す必要がない時は釘を悪くします。

逆に出玉をアピールしたい時は釘を良くします。

その時に見てみると釘の変化を確認しやすくなりますよね。

なので、釘読みをする場合は釘が動きやすい日にしたほうが良いです。