0000409188 [パチンコ計算]ボーダー,平均出玉,トータル確率

ボーダーラインの計算方法を書いていきたいと思います。

今はボーダーライン、平均出玉、平均連荘数、トータル確率

サイトに書いてあるので便利ですね。

スポンサードリンク

ただ、ボーダーラインやトータル確率など、サイトによって誤差があるので、

正確にはどれを参考にしたらいいのか分からない。

そう思っている人はたくさんいると思います。

サイトによって誤差がでる原因は、基準の平均出玉が違うからです。

平均出玉が違うとボーダーが変わってきます。

そこで、計算してみます。

CRぱちんこ冬のソナタFINALのボーダーを計算していきます。

スペックはこれ

大当たり確率 1/319.7  確変65% 

最初に平均連チャンを計算します

やり方は2つ書いてみました

[1つ目]

まず、ヘソと電チューともに確変が65% 通常が35%

[初当たり通常35%時に時短がない連チャン率]

 100/(100-65)=2.857連チャン

[時短引き戻し確率] 

計算式 

1-{(大当たり確率分母-1)/大当たり確率分母}^100=

時短100回転で大当たりする確率

(^100=100乗です 100は時短ゲーム数)

1-(318.7/319.7)100乗=0.26896  26.896%

これを連チャン数に直すと 100/(100-26.896)=1.368連チャン

これで、初当たりの2.857連チャンと引き戻しの1.368連チャンをかける

2.857*1.368=3.908連チャン

[2つ目]

この方法でもできます。

35%が通常 時短が100ですね

さっきとは逆に時短が終了する確率を出しても計算できます

通常35%だから0.35  時短終了する確率(1-0.26896)=0.73104

0.35*0.73104=0.255864  これが終わる確率なので逆を計算

1-0.255864=0.744136 継続率74.4136%

連チャンに直すと 100/(100-74.4136)=3.908連チャン

同じ3.908になりましたね。

計算はどちらでもいいです

最後に、初当たりヘソでの出玉なしが15%あります。

出玉ありの平均連チャンを計算するには、15%を引いてやる必要があります。

[初当たりヘソ]1連+[電チュー]2.908連

15%は初当たりヘソなので、(1-0.15)+2.908=3.758連チャン

電チューも15%出玉なしの計算は(1-0.15)+(2.908*(1-0.15))=3.3218連チャン

出玉ありの平均連チャン数3.758連です

[次に平均出玉]

右下アタッカー (9C・賞球13)

ウエディングアタッカー(9C・賞球14)

ヘソ

出玉無確変 15%

[ウエディングアタッカー(9C・賞球14)]

5R確変  3%

7R確変  3%

9R確変  3%

11R確変 3%

16R確変 18%

[右下アタッカー (9C・賞球13)]

10R確変(右下)20%

13R通常(右下)35%

電チュー

[ウエディングアタッカー(9C・賞球14)]

5R確変(羽根) 5%

7R確変(羽根) 5%

9R確変(羽根) 5%

11R確変(羽根)5%

16R確変(羽根)20%

[右下アタッカー (9C・賞球13)]

10R確変(右下)25%

13R確変(右下)35%

最初にそれぞれの1Rの出玉を求めます。

ウエディング 14*9=126  打ち込んだ玉の9発引くと 126-9=117 
1R117玉

右下     13*9=117  打ち込んだ玉の9発引くと 117-9=108 
1R108玉

実際に溢れる玉がありますが、オーバー入賞も含めていないのでこれでいきます。

[ヘソでの平均出玉]

1回当たりの平均出玉を振り分けから計算しますが、出玉無しの15%はいらないので

100%-15%=85% 全体が85%になったので割合を直します 5R確変は3%なので 3/85=0.0353%

こんな感じで全部やってみます 

(9C・賞球14)
5R*117*0.0353=20.65玉

7R*117*0.0353=28.91玉

9R*117*0.0353=37.17玉

11R*117*0.0353=45.43玉

16R*117*0.2118=396.48玉

(9C・賞球13)

10R*108*0.2353=254.12玉

13R*108*0.4118=578.17玉

これをたします

20.65+28.91+37.17+45.43+396.48+254.12+578.17=1360.93

ヘソで大当たりした時の平均出玉 1360.93玉

次は電チュー すべて出玉ありなのでそのままで計算

(9C・賞球14)

5R*117*0.05=29.25玉

7R*117*0.05=40.95玉

9R*117*0.05=52.65玉

11R*117*0.05=64.35玉

16R*117*0.20=374.4玉

(9C・賞球13)

10R*108*0.25=270玉

13R*108*0.35=491.4玉

これをたします

29.25+40.95+52.65+64.35+374.4+270+491.4=1323

電チューで大当たりした時の平均出玉 1323玉

次に初当たりの平均出玉を計算します

平均連チャンは3.758なので

ヘソ1連   電チュー2.758連

(1360.93)+(1323*2.758)=5010玉

初当たりの平均出玉5010玉

5010/3.758=1333

大当たり1回の平均出玉1333玉

[次はトータル確率の計算です]

初当たり確率の分母/出玉あり平均連チャン数 

319.7/3.758=85.07

トータル確率1/85.07 1333玉

これでボーダーラインを求めます

1333玉で85.07回転回ればチャラ  1333玉を分かりやすく千円単位にする

85.07/(1333/250)=15.95

ボーダー15.95

終わりです。。。

このように出玉によってボーダーラインは変わりますので、出玉少ない時などは気をつけなければいけません。

実際思っていたボーダーより高くなっている事もあるので、出玉はある程度知る必要があります。

ブログでは書けないお得な情報はメルマガ限定で配信中!

メルマガ登録はこちら

わからないこと.聞いてみたいことなどありましたら、
お気軽にどうぞ。メールお待ちしています(^O^)
hoxsp100@gmail.com パチンコのじゅんまる

パチンコ攻略・裏技ランキング

⇒人気ブログランキングへ